ご先祖様

小泉八雲の玄孫の人生をざっくり。セツおばあさまとの共通点とは?

小泉八雲の孫の孫、守谷天由子です。

プロフィールはこちら
>>28歳で小泉八雲の子孫であることを実感した玄孫のプロフィール

八雲の次男でありわたしの曾祖父の巌についてはこちら
>>小泉八雲の次男、美しい巌ひいお爺さまの自慢

をご覧くださいませ。

 

家系が複雑ということもあり、偉大な高祖父に興味を持ったのが遅かったわたしの、ちょっと掘り下げたバイオグラフィーです。

答えはYesともNoとも言えません。

小学校の成績はとても悪かったです。なぜなら身体が弱くて入院しまくってたから…。
でもそのお陰で自主勉強の癖や年齢の違う人との会話のハードルはかなり若い頃から下がっていました。
仲良くしているお友達の中には両親よりも上の年代も人もいます。

あと、おそらく3歳からでしょうか。母が毎月本を買ってくれてとにかく本が好きでした。
小学校入学の時点でエルマーの冒険を読むほど。教科書が配られるとまず国語と道徳を4月の初めの週に全部読んでいました。

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

新品価格
¥1,296から
(2019/3/13 07:11時点)

その程度の国語力の子どもってまぁそこら中にいると思うのですが家族のフィルターとは時に残酷。
母方の祖父(八雲とは血縁がありませんがなんと耳なし芳一で有名な赤間神宮のすぐ近くに住んでいました。)よりある本をプレゼントされます。そう、

【新品】【本】怪談 小泉八雲/作 日野日出志/画

 言わずとしれた世界的名作

”怪談”

〜Kwaidan〜

 

当時6歳。本というだけでテンション爆上がりなので当然読みます。

が、オチがない。意味がよく分からない。なんとも腑に落ちない感想でした。
今思うと本能でめでたしめでたしで終わる物語を期待していたのだと思います。

怖い、おぞましいみたいな気持ちもわきません。状況を思い浮かべる能力もなかったでしょう。

ただただ気持ちが悪い。そんな印象でした。

(そんなわたしをよそに2歳だった妹は母の怪談の読み聞かせが大好きだったりします。姉は逃げてました。お気に入りは狢の「お女中」の台詞。妹は大爆笑でした。)

中学生になって小泉八雲の ”茶碗の中” を授業で取り扱いました。
学校にあまり行けていなかったこともありますが、通常90点以上とれて当たり前の国語のテストでなんと、60点を下回る点数をたたき出す始末。
どちらかと言わなくてもスピリチュアルよりはロジカルな思考なので相性が悪かったとも言えますが、おじいさまおばあさまもさぞ…びっくりしたことでしょう。

 

小泉八雲の玄孫の学歴は?やっぱり文学系?

進級するに連れて体調は回復。
まさかの普通科高校に進学できてしまいます。
母校はちょっと特殊で音楽コースがありピアノを弾くことが何よりも好きだったわたしはそれを武器にたいしてよくもない成績にも関わらず進学校の制服を身にまといます。
(といっても上の下くらいの偏差値。MARCHに受かれば上等といった程度。)
授業には全くと言っていい程ついていけないのと、オーケストラ部が楽しすぎてそもそも少ない体力を部活基準に配分してしまいます。(ウィーンの学友教会で演奏しました。大して上手くもないのに。)

現在(2019年)はわたしの口から繰り出される言葉の90%以上が英語ではありますが当時、英語の成績はReading, Writing, Grammerのすべてで赤点をとりました。
(ぶっちゃけてしまうと今も決して得意ではありません。接客業で培ったコミュ力頼りです。)

肝心の音楽も先生の音楽性が好きになれずにさぼりまくり。
現代文、現代社会、家庭科の成績がそこそこ良かったですが一番好きな授業は世界史。理系科目については音楽コースだったためほぼ授業がありませんでした。
小泉八雲の玄孫である旨は当時、たぶん誰にも伝えていません。むしろ忘れてるぐらいだったと思います。

また不況が騒がれていた時代に進路を決めなければならず、中途半端な4年生大学でちゃらんぽらんするよりは手に職をとジュエリーの専門学校に通います。
ジュエリーの勉強はそれはそれは有意義で奨学金まで借りて研究院を卒業します。
学歴は専門学校卒業ですが大卒と同等の資格を取得、美大であれば一応大学院に進めるステータスです。
余談ですが卒業制作は小泉八雲の三男であり画家として活躍した小泉清が個展をした場所に展示されました。

こちらが卒制の一部。
当時猛練習していたドビュッシーのピアノ曲、喜びの島をモチーフにシルバーや金属箔、宝石を使って制作しています。

 

 

学校出た後は何してたの?

卒業後は就職を目指すもリーマンショックの当たり年(笑)でデザイナーの内定取り消しをくらいます。
が、就職に対してそこまで思い入れがなかったので残業が少なく、スケジューリングがしやすい販売職(場所は三越と髙島屋)に就きます。

自分の作りたい作品を作り続け東京で2回、ワーキングホリデービザを使ってドイツに滞在しながらベルリンで2回個展を行います。

 

海外暮らしなんてものをしておきながら、自分が小泉八雲の玄孫であることなんて一度も思い出しませんでした。

一度目は2013年にピアノ屋さんで

 

2度目は2014年に廃学校の音楽室で、せっかくなので曲作って弾いたりしました。

Soundcloudからきけます

ちなみにこの後、するなら今だとついでに世界一周(ウィーン、ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク)します。ホテルの類いには一度も泊まらずお友達がいる所にやっかいになりまくった世界一周でした。みなさん、ありがとう!

個展で発表した作品はやはり音楽関係。オーナーデザイナーをしているブランドApocaθist(アポカシスト)の元となるような作品で全て楽器の部品を生まれ変わらせています。
ブランドで販売しているものは全てわたしがプロトタイプを作り、日本の職人さんやスタッフさんにお手伝いしていただいています。

ベルリンでいただいたピアノ弦のアップサイクル

 

ピアノ、バイオリン、オーボエ、クラリネット、サックスなどを生まれ変わらせています。

モデル撮影は八雲旅中に行うことでもろもろの経費を申請しました笑

 

 

Apocaθist(アポカシスト)は貴重な収入源!
応援の程よろしくお願い致します。
楽器の部品を使う使わないに関わらずオーダーメイドもやってます♪
小泉八雲の玄孫のデザイン、身につけてみませんか?
なんちゃって。

 

 

そもそもなんでアイルランドに来たの?

>>28歳で小泉八雲の子孫であることを実感した玄孫のプロフィール

でもふれているように個展をベルリンで行ったノリで世界一周したあとに八雲の孫に当たる祖母と会う機会がありました。これは実に人生3回目のこと。

大人になったからでしょうか、小泉八雲の詳細についてを聞かされます。
ギリシャ生まれでアイルランド育ち、アメリカと日本で職を得た小泉八雲とわたしの共通点、ぜったいいっぱいある!と思い軽く調べ物をしていたら案の定と言いましょうか。旅行欲が沸々とわいてきます。
30歳にしてはじめてのギリシャアイルランドアメリカ、カナダ、日本の足跡をたどってやはり世界一周しました。

世界を回りながら考えていたのは、日本での暮らしは女性として年齢を重ねていく上でいろいろとやっかいだからどっか住めないかな?ということ。
そこで白羽の矢が発ったのがアイルランド南東部トラモアにあるLafcadio Hearn Japanese Gardens です。
アイルランドでの旅の拠点はダブリンだったので賞味2時間の滞在でしたが、美しい景色に惚れ込みます。
尚且つ日本語を操るスタッフがいないこと、オフィスが汚いこと(笑)日本の土産物がないことなどにわたしの活路を見出し、クリスマスカードと一緒に一年程厄介になれないかの手紙を送ると良い返事が。
給料は出ず、ツアーアシスタントのチップをもらうなどフリーランスとしての暮らしでなので日々カツカツですが、猫の世話をすることを条件にとあるウィークエンドハウスで週7日暮らしています。
(もう少しわたしを使ってくれてもいいものを、とは思いますがGardenに玄孫を雇うお金があると思われたくなかったり、とにかく自分の思いのことをやりたいボス陣。重要なミーティングではハブられていたり、土産物を勝手に下げられたり安く売られたりとどうやらよく思われていないようです。おじいちゃん、怒ってるよ〜笑)

とはいえアイルランドの暮らしは2019年5月まで。その後はギリシャはローザおばあさまの縁の地、コルフ島、レフカダ島、キシラ島を経由して日本に帰国予定です。

お世話をしているチキンさん

 

 

セツさんのとの共通点とは?

話がだいぶ横にそれましたがセツさんとの共通点、それは

学歴コンプレックス

八雲と夫婦となり随分と経ったころセツさんは
「女子大学でも卒業した学問のある女だったら、もっともっとお役に立つでしょうに・・・・・・」
と呟いたそう。すると、八雲は自分の著書が並んでいる書棚の前に連れて行き

「誰のお陰で生まれましたの本ですか? 学問のある女ならば幽霊の話、お化けの話、前世の話、皆馬鹿らしいものといって嘲笑うでしょう」

と説いたそうです。

 

多分これがわたしに一番似ているおばあさまの写真

 

2017年にノリで小泉八雲の足跡ツアーを企んでしまったわたし。
英会話はセルビア人とルーマニア人のSkypeレッスンを格安で受けたり、友人が主催するLanguage exchangeのイベントに行くなどしてなんとかドイツ語並みにはしゃべれるようにがんばりましたが、Readingは高校時代の赤点成績のまま。

 

おじいちゃんの書いた本が読めません!

 

こんなにも情けないことがあるのかと、Lafcadioのファンで超博識で元 Irish Timesの記者であり、時々本をプレゼントしてくれる友人Johnに泣きつきました。

 

「アユコがここにいるだけでLafcadioはよろこんでいるだろうよ。」

八雲の旧居巡りを2人でしていたら運良く中に入れてもらえた時のこと。

 

(ちなみにわたしの旅はダブリンで終わる予定でしたが「日本からなかなかいけないでしょ?NYCまで3万円ぐらいでいけるよ?ついでにシンシナティとニューオーリンズも行って来なよと勧めてくれたのは、彼です。)

友人の言葉に救われましたが

 

…本当にそうでしょうか?

 

 

仮にもわたしが書いたお話が教科書に載って自分の子孫がテストで60点な時点でもう低スペック子孫確定。
それに海外の図書館にまで来ちゃうからには英語に堪能であると思いたいでしょう。
(八雲の貴重な資料を求めてニューヨーク、シンシナティ、ニューオーリンズ、ギリシャの図書館を訪れましたが主にわたしの知識になったのは写真ばかり。)

全然読めませんがせっかく予約してまでNYにきたので無理矢理撮った一枚。冷房強すぎて記憶がありません。

 

せめて高校で基礎をしっかり勉強していれば。八雲についてもっと早く知って大学で英文学、社会学、民俗学、地学、歴史学、宗教学あたりを選考していればと後悔したこと数知れず。

そう悔やんでも今日がわたしのこれからの人生で一番若い日。

英語の勉強もそうですが、世界中たくさんの方の力をお借りして偉大なご先祖様についての理解を深めることをライフワークにしていきたい所存です。

 

長くなりましたが最後に一言

波乱万丈な人生にも関わらず2度目の結婚を八雲としてから夫を陰で支えまくった小泉セツおばあさまを主人公に

朝ドラにしませんか〜!

オーディションとか、音楽とか、衣装とか、玄孫として全力で協力いたします!

 

シェア大歓迎!ご意見ご感想はTwitterよりおまちしております。

 

お問い合わせやご依頼についてはこちらからお願いいたします。

ABOUT ME
守谷 天由子
ギリシャとアイルランド人のハーフである明治の文豪、小泉八雲 (Lafcadio Hearn) の孫の孫の守谷天由子(もりやあゆこ)です。 文系か理系かと言われるとアート系のジュエリーデザイナー。 八雲と同じく異文化に触れる旅やウィスキーが大好き! 2017年に5カ国に渡る足跡ツアーを4ヶ月かけて自力で回りました。 2018年から1年間八雲縁の地であるアイルランドの田舎で暮らした経験を踏まえて多岐ジャンルに渡って発信中!