ギリシャ旅

レフカダ2日目は1人で街歩き①お散歩備忘録とレフカダの歴史について

初日は高祖父である小泉八雲(Lafcadio Hearn)の生誕祭ということもあって着物でしたが翌日はさすがに体力が持たない!

ということでテラッテラのワンピースを着てひいひいおじいちゃんの生まれ故郷レフカダ歩きをはじめます。

1850年のLefkadaってどんな感じだったの?

レフカダは当時イギリスの保護国

ギリシャ王国に返還されたのは1864年のこと。
小泉八雲ことラフカディオ ハーンが生まれた1850年はイオニア諸島合衆国の領土でした。
レフカダに英国軍医補として派遣された小泉八雲の父、チャールズ ブッシュ ハーン(Charles Bush Hearn )は地元の女性、わたしのひいひいひいおばあさまにあたるローザ アントニア カシマチ(Rosa Antonia Cassimati )と出会い1949年に結婚。
きっと珍しかったでしょうね。
実は小泉八雲にはジョージ ロバート ハーン(George Robert Hearn)という1歳上のお兄さんがいましたが残念ながら八雲の生まれた1か月半後に亡くなります。

趣のあるイオニア諸島の国旗

 

1850年6月27日に高祖父の八雲は Patric Lafcadio Hearn として生を受けます。
ちなみに出産のタイミングにチャールズは仕事のためアイルランド内陸部のリムリックにいたとのこと。はじめて息子にあったのはもう3歳のころだったとか。(Young Hearn by O.W. Frostより。)
飛行機のない時代の国際結婚のタフさは現在の比ではないことが伺えます。

この暑い時期に1歳の息子がいる身で1人で出産とは、ローザさんは海は広いなとか言ってる場合じゃなかったことでしょう。

 

イオニア諸島合衆国は1815年から1864年まで存在していました。
占領というよりは保護国であったためでしょうか、イギリスの文化は特に感じません。

 

古いものは探すまでもない。

八雲が生まれたお家。地震で倒壊したため再建されたものですが今も誰かが暮らしています。

 

そうなんです。
100年前なんてそんなに昔ではない空気がレフカダにはあります。

20世紀初頭に作られたもの。値段は伺っていませんがジュエリーデザイナーの目から見るととりわけ高価なものではないと思います。

 

壊れているものも売っています。

 

レフカダの見所は海なので街にはあまり人がいません。

 

午後の暑い時間は営業していないようです。

 

 

日差しが強い!暑い!

街には人がいません。

なぜなら暑いから。というのとレフカダにくる人の目的はほぼ

 

 

ビーチ

とは言えわたしの目的は泳ぐことにあらずなので街散策を続け

 

る前にエネルギー補給!

 

ほんとは店内で涼みたかったのですが休憩中とのことで外のベンチを案内されました。 売ってくれただけまし。

 

腹が立ったので自撮りアプリで遊びはじめてしまいます。

 

 

レフカダの図書館には日本語の本も!

先ほど申し上げた通り日中は街に人があまりないレフカダの図書館はやはり、誰もいませんでした。

そして開館時間をチェックしそびれていたわたしは閉館15分前(14:45)に着いてしまいます。
当然いい顔はされないのですが3%ギリシャ人とは言え平らな顔が功を奏したのか気にかけていただきました。

「実はわたしはLafcadioのGreat-great grand daughterなのですが何か彼に関しての資料があれば少しでもいいので見せていただけないでしょうか?」

「ほんとに〜!!すっごいすっごい!!(はげしく握手)ちょっとまってて!もってくるから!15時より長くいても大丈夫だから!」

司書さん(アロハシャツのおじちゃん)の親切さと冷房にあたれることに幸せを感じます。

みたことない肖像画がありました。

 

どなたかの寄贈品でしょうか?日本語の本まで持ってきていただきました。

 

7月に訪れる予定のアイルランドの旧居のとお父様チャールズ。

 

家系図。右端のKyokoが祖母です。

 

ちなみに祖母は京都生まれだから京子、LafcadioHearnも生まれた場所であるここLefkadaにちなんで名付けられました。
わたしは東京都江戸川区新小岩の生まれで天由子という名前は両親の知人の占い師の新作の名前だっだそうです。

 

そして、長くいてもいいから!の長い、は20分ほどでした。

外の日差しもよそに穏やかな時間を過ごすことができました。

 

まだ午後の3時。暑さと疲労に負けずに街歩きを続けます。

 

レフカダの猫さんも暑そうです。

この記事の続きはこちらから
>>レフカダ2日目は1人で街歩き②とりあえず無料で涼みたくて向かった先は

シェア大歓迎!ご意見ご感想はTwitterよりおまちしております。

なお、お問い合わせやご依頼についてはこちらからお願いいたします。


ABOUT ME
守谷 天由子
ギリシャとアイルランド人のハーフである明治の文豪、小泉八雲 (Lafcadio Hearn) の孫の孫の守谷天由子(もりやあゆこ)です。 文系か理系かと言われるとアート系のジュエリーデザイナー。 八雲と同じく異文化に触れる旅やウィスキーが大好き! 2017年に5カ国に渡る足跡ツアーを4ヶ月かけて自力で回りました。 2018年から1年間八雲縁の地であるアイルランドの田舎で暮らした経験を踏まえて多岐ジャンルに渡って発信中!