八雲旅

小泉八雲 (ラフカディオ ハーン)の旧居を巡る ダブリン編②

小泉八雲 (ラフカディオ ハーン)の旧居を巡る ダブリン編① 
の続きです。

ダブリンでは4つの家に住んだと言われる私の高祖父小泉八雲(Lafcadio Hearn)ですが3つの家については上記の記事をご覧いただくとして、今からご紹介するのは私が最後に訪れたPrince Ahcer Therasse にあるお家。

 

 

なんと、中に入れてもらえちゃいました。

全てのお家には小泉八雲が住んでいたことを示すレリーフがあるのですが例によって撮影していた所

 

ドア イズ オープン! 

 

人の良さそうな50歳前後の女性が現れました。
92%ジャパニーズな私は全力で謝る準備をしますが、同行していたLafcadioの大ファンなJohnは元新聞記者とあって超冷静。
プチパニックに陥った私を他所に「かくかくしかじかでLafcadioの子孫であるこのジャパニーズレイディははるばるジャパンからやってきてましてですね。」とおひげをもしゃもしゃさせて説明したところ

 

「すごーい!Lovely♥ 片付いてないけど中見てく?」

 

余談ですがアイルランド人は ”いいね” 的ノリで Lovely をよく使います。

マーク ザッカーバーグがどっぷりアイリッシュだったら Facebook の親指を立てたマークの名前は ”Lovely” であっただろうと思わせる程にしょっちゅう聞きます。

余談ですが Mark Zuckerberg のファミリーネームはドイツ系。

直訳ですと ”お砂糖の山” という意味です。

 

 

焦らした所で…

 

 

Lafcadio少年が見た景色をご覧ください

一階。外見よりも広く感じます。

 

階段はさすがに150年強の間にリフォームしているのでしょうか。

 

 

せっかくだから写真とってあげるよ〜!とのことで頼んじゃいました。

 

この窓からダブリンの曇り空をながめ、物思いに耽っていたと思われます。

 

 

 

アメリカでは赤貧の生活を何度も強いられ、日本でも亡くなった時点での遺産はほとんどなかった小泉八雲。
ですが資産家である大叔母サラ ブレナンによってお金に苦労することなく育ちました。http://ayuko8.cloud/2019/03/09/haisupekkunamusukowomotta/

ちなみにお母さんのローザさんはギリシャ、お父さんのチャールズは仕事のためにインドへ行ったっきりです。
掘り下げて話すとかな〜り脱線する&どんよりした気持ちになっちゃうのでよろしければこちらをお読みください。

 

ダブリン及びイングランド、フランスではリッチに過ごしていたLafcadio少年ですが頼りのサラおばさんはなんと高校在学中に破産します。

少年Lafcadioは退学を余儀なくされ、最後のプレゼントとしてもらったアメリカ行きの片道チケットを手にして海を渡ったのでした。

 

サラさんのお墓はトラモアにあります。
Lafcadioを見送った数年後に旅立たれました。

 

 

厳しく躾けられた紳士的な振る舞いなどで得をすることもあったのかもしれませんが、どうやら諸々のしがらみが亡くなった関係で好奇心を爆裂させ波瀾万丈の人生がはじまるのでした。

 

 

シェア大歓迎!ご意見ご感想はTwitterよりおまちしております。

 

 

なおお問い合わせや取材、ライティングのご依頼についてはこちらからお願いいたします。

ABOUT ME
守谷 天由子
ギリシャとアイルランド人のハーフである明治の文豪、小泉八雲 (Lafcadio Hearn) の孫の孫の守谷天由子(もりやあゆこ)です。 文系か理系かと言われるとアート系のジュエリーデザイナー。 八雲と同じく異文化に触れる旅やウィスキーが大好き! 2017年に5カ国に渡る足跡ツアーを4ヶ月かけて自力で回りました。 アイルランドの田舎から八雲エピソードを交えた備忘録や海外お役立ち情報などをお届けします。